湘南、平塚の地で鉄の地産地消に取組む

製鋼設備

テクノロジーが進化した、21世紀においても、私たちはさらなる技術を磨いていきます。
工場・設備紹介

製鋼設備

電気炉
1基

スクラップを電気で溶解します。
1回の溶解量は80t/h作られます。


オートアーク
1式

省エネのため、コンピューターにより電気炉の電力制御します。
その他のエネルギー関係の制御をしています。


ジェットバーナー
4基

電気炉の溶解に伴う助燃熱源として使用しています。


副原料投入設備
1式

規格に合う製品にするため炉中に副資材を投入する設備です。


レードルバブリング装置
1式

レードル(取鍋)に受けた溶鋼の化学成分を均一化するため、アルゴンを吹き込む装置です。


連続鋳造装置
5スランド

レードルより鋳込まれた溶鋼をビレットにします。


レードルターレット装置
1基

レードルを乗せる架台です。


モールドレベルコントロール装置モールドレベルコントロール装置テレビ式
1式

鋳込む際に、湯面の上下レベルをコントロールする装置です。


クレーン設備
180t 1台,70t 1台
45t~10t 8台


集塵装置直引、建屋併用型、バグフィルター式
3,400m3/min 1台
15,000m3/min 1台

工場内の密閉化を図り、電気炉より発生する排煙を吸引する装置です。


建屋集塵装置
12,000m3/min 1台

各建屋の排煙を吸引する装置です。


ダスト造粒装置
1式

集塵装置及び建屋集塵より吸引したダストを処理する装置です。


再冷水設備
クーリングタワー 5基
3,851m3/H

各設備の排水を冷却して循環させる設備です。

当社製品使用実績
4/18追加あります

当社製品販売会社です
PAGETOP
Copyright © SANKO SEIKO CO., LTD. All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.